三叉神経痛とはどういう病気?

典型的な症状は、三叉神経痛の場合には、激しい発作性の片側顔面痛が特徴的です。
顔面ではなくて歯痛で感じる場合もあるため、何本も抜歯して治療した後に三叉神経痛と診断されてしまうことも少なくありません。

三叉神経痛の原因は、顔面の三叉神経の付け根に血管がな何らかの圧迫をされることで起こると言われています。
血管の圧迫により三叉神経に異常な神経回路が出来てしまうので、疼痛の原因になると言われています。

三叉神経痛でも起因しているものが、血管の圧迫だけではなく中にはヘルペスウイルスに感染、多発性硬化症、脳腫瘍などが原因になっている事がありますので、詳しい検査が必要とされることもあります。

まずは、三叉神経痛になった場合には、内服による治療を行うのが一般的です。
テグレトールという薬を内服しますが、これによって神経の異常な興奮を抑制できるようになるので、顔面の痛みを抑えることが出来ます。
テグレトールは、ネット販売もされており、海外通販代行でも買い求められるのですが自己責任で服用することになるので、飲み合わせなどの注意点を把握しておくことが重要です。

いろいろな薬と相互作用を起こしやすい性質があるので、このテグレトールが、飲み合わせによっては、作用が強まってしまったり、副作用が起きやすくなったりしてしまいますし、逆に効果が弱くなってしまうこともあります。

また、他の薬の効果を弱めてしまうことも多くなっています。
ネット販売で入手出来るとは言え、持病があって他の治療を行っている人などは特に必ず医師に報告しておく必要があります。
もしくは、医師に相談してネット販売ではなく医療機関で処方してもらうのが賢明だといえます。
それほどに、テグレトールは飲み合わせに注意が必要な薬だからです。

テグレトールで改善しない場合やめまい、ふらつきなどの副作用が出てしまう場合には、他の治療法を選択していくようになります。