カルバマゼピンが持つ効果

カルバマゼピンという成分が配合されているテグレトールは、主にてんかんの発作を予防する効果があります。
また、躁うつ病の治療や、神経痛の緩和にも用いられています。

この効果は、脳神経の興奮を抑制して、てんかん発作を起こしにくくして行きます。
部分発作に効果が高い作用を持っています。
運動症状の感覚異常や自律神経失調、精神変調、無反応などに適しています。
また、脳の神経をしずめることが出来るので、気分の高揚を抑制して落ち着かせますので、躁うつ病のほか、さまざまな精神疾患による不安や緊張などをしずめるために用いられます。
それから、三叉神経痛の緩和にも用いられます。
三叉神経をしずめることで、激しい顔面の痛みが起こりにくくなります。

テグレトールは、個人輸入代行などのネット販売で入手出来るため、精神的な不調がある方なども入手が医療機関ではなくても可能です。
しかし、このテグレトールという薬には、いくらネット販売で入手出来るとはいっても、飲み合わせで色々な症状が出ることが多くなっているので、自己責任でネット販売で購入して服用する際にも飲み合わせには、注意を払っておく必要があります。

いろいろな薬と相互作用を起こしやすくなっているので、飲み合わせ次第では、テグレトールの作用が強まってしまい副作用がでやすくなります。
逆に、テグレトールの効果が弱くなってしまうこともあります。
また、服用している薬の作用を弱めてしまうことも多くなっていますので、服用については必ず医師に報告しておく必要があります。
疾患によっては、自己判断では内服できない場合もあります。
入手しやすいということがすなわち、飲み合わせの問題がないということではないので、しっかりと把握をしておくようにして下さい。